注意したいクラウドPBX利用時の同時通話数

クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)を利用する際に注意したい点として、 同時通話数があります。 同時通話数とは 同時通話数とはその名の通り1つの回線で同時に通話できる数になります。 アナログの電話線では1回線あたりの同時通話数は1しかなかったので、電話機が複数ついていても 同時通話が1通話しかできないので1台以上の電話機で同時通話はできませんでした。 そのため2つ以上の電話機で同時通話をしたい場合もう1回線電話線を引く必要がありました。 電話線から光回線になり同時通話数は基本プランで2通話になり、 2通話以上を希望する場合もプランをオフィスタイプに変更し、オフィス用のひかり電話ルーターを取り付けることで 同時通話は4通話や8通話など増やすことが可能になりました。 クラウドPBXの同時通話数 クラウドPBXの特徴として内線を即座に増やしていただけるという点があります。 内線とは同じPBXに接続されているデバイスをさし、内線を数える場合、下記で考えていただくとわ

WEB上で簡単に管理できるクラウドPBX

クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)のGoodLineなら、 OEMではなく自社開発のわかりやすい管理画面で、会社電話をWEB管理できます。 クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)なので常に最新 クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)のGoodLineは、クラウドならではの メリットをいかし常に最新状態に自動アップデートされます。 ローン契約したPBXやビジネスフォンのように契約後は古くなるまで利用ではなく常に最新です。 全通話履歴や全通話分析、モニタリングや内線、ユーザー管理などのこれまでにない機能が備わった 会社電話を管理権限を持つユーザーであればだれでも簡単にWEB上で管理できます。 ビジネスフォンの設定変更や移動に業者工事の必要がなくなります。 クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)のGoodLineなら ユーザー目線のわかりやすい管理画面で会社電話をすべてWEB管理できるのに加えて、 内線や外線の入れ替えや着信ルールの設定や変更、アナウンススケジュー...

ネット回線の変更やスマホアプリの限定はありません

クラウドPBX(クラウド型ビジネスフォン)のGoodLineなら、 導入時にネット回線を変更したり、スマホアプリが限定されたりすることがないので安心です。 スマホアプリはプッシュ着信に対応していますか? プッシュ着信とは、バックグラウンドにアプリが起動していなくてもしっかり着信する機能です。 スマホアプリの多くはこのプッシュ着信の精度が低く、100%で着信しません。 スマホを会社の内線(ビジネスフォン)にする場合、着信が不安定では使えません。 GoodLineならスマホアプリをOEM(自社アプリ)で限定していないので優秀なアプリを自由に利用可能。 推奨アプリの『GroundWire』はプッシュ着信の精度も一番高く安心のアプリです。 ネット回線を変更しなければならない? クラウドPBXを導入するにあたり、メリットの一つとして電話線が必要なく、 ネット回線のみで導入可能という点があります。(スマホだけでの利用ならネット回線も不要) ネット回線をクラウドPBXに合わせたサービスに変更...