事例① 複数拠点がある会社様

導入前

従来型PBX

GoodLineの導入前は拠点ごとに主装置(PBX)を置き、電話線の届く範囲のみ内線化していたので、各拠点ごとに主装置のコストがかかるに加え、拠点間での通話料金がコストになっていました。
また、請求書は本社に送り本社で管理する必要があったため月末には処理が大変で、拠点ごとの電話の利用状況もわからず、営業先やクレーム案件などの情報共有がリアルタイムでできないのでトラブルも起きていました。

導入後

クラウドPBX

GoodLineの導入後は主装置は一切必要がなくなり、
別住所の拠点もすべて内線でつながるので主装置の購入コストや通話料金の大幅な削減につながり、請求は本社一括管理でリアルタイムにすべての電話の稼働状況や利用状況が把握でき別拠点へも同じ社内のように通話を取次することも可能になり、
情報共有もリアルタイムでできるので業務効率が向上しました。

事例② 外出社員が多い会社様

導入前

従来型PBX

GoodLineの導入前は外出が多い社員の場合デスクに電話はあっても出ることができないので、ほとんどの通話を社用携帯で通話していたので社員は自分の携帯に加え社用携帯を2つもちしなくてはならず、常に社用携帯の紛失や故障による情報保守リスクを抱えていました。また、社員あてに会社にかかってきた電話を社員の携帯にかけなおさなければならない際、社員の稼働状況がわからないのでスケジュール共有はホワイトボードで確認するしかなく折り返しの連絡が非常に非効率で通話料金もコストになってました。

導入後

クラウドPBX

GoodLineの導入後は社員の私用スマホをアプリで会社番号で発着信可能な内線にできるので、社用携帯が必要がなくなりアプリ経由での通話はすべてシステム上に通話履歴が残り通話録音も取れるようになったので聞き忘れや言った言わないのトラブルもなくなりました。
会社にとっても社員の通話がすべて管理でき、外出中の社員の稼働状況をシステム上でリアルタイムに確認でき、
外出社員に社内のように内線転送や内線通話できるので通話料金のコスト削減にもつながりました。またクラウド電話帳で情報をリアルタイムに共有できるので社員間での営業重複やトラブル発生時の迅速な対応が可能になりました。

事例③ 問い合わせ電話が多い会社様

導入前

従来型PBX

GoodLineの導入前は顧客からかかってきた問い合わせ電話に対して応対履歴がわからず担当者でないと対応できなかったり、
言った言わないのトラブルの際にも確認手段がないので困ってました。また、電話が多い曜日や時間帯が把握できないので対応者が足りず電話を待たせてしまったり出れなかったりで機会損失を生んでいました。

導入後

クラウドPBX

GoodLineの導入後はクラウド電話帳で顧客との応対履歴を時系列で確認できるので、いつだれがどういった対応をしたかを通話履歴と通話メモから確認でき、通話内容も1年間クラウド上に録音が残るので言った言わないなどの認識相違もなくなりました。
また、全通話が自動で分析されてグラフと表で確認できるので何曜日の何時台に入電が多く、どれだけ待たせてどれだけ受けれていないかが可視化できるので、入電が多い時間などはクラウドメリットを生かし、在宅ワーカーや手が空いている部署も着信を受けれるようにして、機会損失を防げるようになりました。

事例④ テレワークや在宅ワークを行う会社様

導入前

従来型PBX

GoodLineの導入前は在宅ワークの従業員との連絡や情報共有はグループウェアやクラウド型の顧客管理などで情報共有し、
業務を行っておりましたが連絡のやり取りがチャットだけでは時間がかかり意思の疎通にも時間がかっており、電話になると携帯との通話になり通話料金がコストになっておりました。
また、受電を受ける必要があったり直接顧客とやり取りするような社員の場合在宅勤務ができず育児休暇などで仕事を離れる際にも限られた業務の社員しかテレワークできず、困っておりました。

導入後

クラウドPBX

GoodLineの導入後は従業員の自宅のPCやスマホ、電話機が会社電話で発着信可能な内線にできて個人のデバイスに個人情報が残らないクラウド電話帳での情報共有が可能なのでバックオフィスの事務員もテレワーク可能になりワークスタイルを自由に構築できるようになりました。また、稼働状況やログイン状態をリアルタイムに確認したり、休憩中や通話中も本社で把握できてログイン時間に規制をかけてログイン履歴確認ができるので安心してテレワークを促進できました。

運営会社
GoodRelations
電気通信事業者番号:E-27-03801
お電話でのお申込み・お問合せはこちら
営業時間:9:00 ~ 18:00 (土日祝を除く)
TOP ▲