GoodLineの活用方法

従来の会社電話の様々な課題はGoodLineですべて解決!

課題会社電話にかかるコストに対する課題

よくある悩み・課題

  • ・ビジネスフォンの見積りが高額なので安くしたい
  • ・外出中の社員の携帯や拠点間が外線通話になるので通話料が高い
  • ・ビジネスフォン購入時にリースやローンで縛られたくない
  • ・内線増設やレイアウト変更の度に工事費用がかかるのを無くしたい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • クラウド管理

  • WEB管理画面

GoodLineなら、ビジネスフォン主装置をクラウド上に構築するので、高額な主装置の購入や電話線の工事は必要ありません。
ネット環境さえあればインターネットにつながるスマートフォンや電話機を内線にして、場所に縛られずどこからでも会社番号での発着信が可能になります。
また、GoodLineにはわかりやすいWEB管理画面があるので、会社電話の着信ルールや内線、外線の割り当てはすべて管理画面から簡単に行えるので業者設定や工事は必要ありません。
万が一の場合にも物理的な主装置を設置しないので故障の心配はなく、停電時もIP電話番号に、転送することで会社宛の着信は通常通り全員で受けることができます。

課題電話帳データの共有に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・社用携帯とビジネスフォンの電話帳も同期したい
  • ・営業社員の急な離職時にそれまでの顧客対応がわからない
  • ・社員の携帯、電話機と社内の電話帳を同期して情報共有したい
  • ・顧客と誰がいつどんな応対をしているのか共有したい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • クラウド電話帳

GoodLineのクラウド電話帳機能なら、WEB上からクラウド電話帳に登録したデータが、 スマホアプリと電話機の電話帳と自動で同期されるので個別に登録する必要はなく、電話帳の顧客画面には、通話履歴と応対内容のメモが履歴で残るので、誰がいつどのような応対を行ったのが共有できます。

課題着信時の顧客情報表示に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・電話帳の名前や電話番号しか着信時に表示されないので調べる時間がかかる
  • ・電話着信時に、その顧客の担当社員がすぐに分からない
  • ・電話着信時に担当じゃないと対応ができない
  • ・電話帳未登録の場合、何回目の着信かわからずリピーターに気付けない

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 着信ポップアップ

GoodLineなら着信時にクラウド電話帳の該当顧客画面や利用中の顧客管理の情報を、ポップアップで表示できるので、だれが担当でどんな応対をしたのかも着信と同時に確認でき、新人でもスマートな応対が可能になります。
また、電話帳に未登録の電話番号からの着信も、その番号から何回目の着信なのか表示されるのでリピーターに気づくことができます。

課題着信ルールやアナウンスに対する課題

よくある悩み・課題

  • ・曜日や時間によって着信する電話機を変更したい
  • ・着信を鳴らす端末が電話にでれなかった場合、指定時間で他を着信させたい
  • ・いつでもどこからでも時間外アナウンスの設定を行いたい
  • ・あらかじめ決められた曜日や時間のパターンでアナウンスを流したい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 着信ルール設定

GoodLineならWEB管理画面からいつでも簡単に着信させる内線端末を個別で指定したり、グループを組んでその内線グループで着信させる設定が可能です。
また、指定秒数で他の内線や内線グループを順に着信させることも可能です。
時間外アナウンスも独自の音声ファイルを日時や曜日であらかじめルールを決めて流したり、出先からスマホで設定変更も可能です。

課題自動音声応答に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・機会損失を防ぐため全員が通話中や取込中にはアナウンスを流してお待ち頂きたい
  • ・自動音声応答で着信を適切な部署やグループに割り当てたい
  • ・着信前に「通話録音します」とアナウンスを流してから着信させたい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 自動音声応答(IVR)

GoodLineなら全員が電話中や取込中の場合、保留音楽とアナウンスを流して、電話を受けれるようになるまで保留でお待ちいただく設定を選択することができます。また、自動音声応答でガイダンスを流し、選択された部署やグループに着信させる可能です。
設定はいつでもWEB管理画面から変更可能で、着信前アナウンスも指定が可能です。

課題稼働状況や通話状況の共有に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・電話が取り次げるのかなど外出中の社員の稼働状況を把握したい
  • ・別拠点の稼働状況を同じ社内のように把握したい
  • ・クレーム発生時や新人の電話応対時に通話内容をリアルタイムに確認したい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • モニタリング

GoodLineならモニタリング機能があるので、全内線とユーザーの通話状況と、稼働状況を一覧でリアルタイムに確認することができるので、電話取次ができるのか、現在どこと通話中なのかなどの状況の共有が可能です。
ユーザーはスマホからでもワンタップで取込中や休憩中などの稼働状況を期限を設定して全体に周知ができます。チャット連携している場合はチャットに周知内容が通知できます。
また、権限があれば通話中の通話を他の内線から聞くことができるのでクレーム発生時や新人研修時に、リアルタイムに情報共有して適切なアドバイスや対応が可能となります。

課題折り返し連絡や伝言に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・混雑時に伝えられた電話の伝言が漏れてしまう
  • ・外出中の社員への折り返し連絡が手間になっている

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 通話メモ

GoodLineなら、通話履歴に対してメモを残すことができます。
メモはあらかじめカテゴリーとテンプレートを作成しておき、カテゴリー分けして残すことができ、そのメモを任意のユーザーや全体にメールやチャットで通知することができます。
また残したメモは電話帳の顧客画面に通話履歴と併せて時系列で残るので、応対履歴としてその後の情報共有も可能にします。

課題通話録音に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・言った言わないをなくしたい
  • ・新人に電話応対やクレーム対応の見本を聞かせたい
  • ・過去の通話内容をもう一度確認したい
  • ・社内設置の録音サーバーは高額で故障や容量が心配

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 通話録音

GoodLineは全通話が時間に限りなく1年分録音が自動で残ります。
権限を持ったユーザーは条件で検索して通話履歴から再生やダウンロードができるので、録音を再生することで言った言わないの事実確認やクレーム発生時の情報共有、新人研修時の応対見本に利用でき、過去の通話内容をもう一度確認することにも活用できます。
録音ファイルは出先からスマートフォンでも再生できます。

課題通話履歴参照に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・過去の通話履歴を参照して応対を時系列で確認したい
  • ・顧客名や電話番号、ユーザーによって通話履歴を絞り込みたい
  • ・機械損失を防ぐため受けれなかった着信や営業時間外の着信を把握したい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 全通話履歴

GoodLineはスマホを含めたすべての内線の1年分の発着信と通話履歴が残り、日時や電話番号、通話ユーザーなどあらゆる条件で絞り込むことができるので、別拠点を含め電話番号ごとの通話履歴を参照することができ、混雑時に受けれなかった着信や、営業時間外の着信も履歴から確認し折り返しを可能にします。

課題発着信本数や通話時間の分析に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・電話番号ごとの混雑する時間帯や不出着信を把握したい
  • ・広告媒体ごとの反響をはかって費用対効果を比較したい
  • ・個人別の通話時間や通話本数を把握して業務の偏りをなくしたい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • 通話分析

GoodLineは別拠点も含め、電話番号ごとの全通話を自動で集計しグラフと表で表示するので、何時台に何本着信があり何本受けれているかや、どれくらい待たせてしまっているかが分かります。
電話番号ごとに計測ができるため、広告媒体ごとに電話番号を変えることで反響率をはかることができ、個人別で集計できるので電話営業の状況把握や、受電対応の偏りがないかなどの確認もできます。

課題利用中のWEBシステムとの連携に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・これまでのビジネスフォンだと最新のWEBシステムと連携ができない
  • ・現在利用中の顧客管理の情報を着信時にポップアップさせたい
  • ・折り返し内容や稼働状況を利用中のチャットに通知させたい
  • ・顧客とのメールでのやり取りと電話でのやり取りの情報を統括したい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • システム連携

GoodLineなら、システム連携が可能なので電話以外の顧客管理やチャット、グループウェアなど、全てを同時に変更する必要がなく、簡易機能で追加されているものではなく一つの機能に特化した、専門システムとの連携が可能です。

課題BCP対策やテレワーク導入に対する課題

よくある悩み・課題

  • ・テレワークを導入したいが会社電話はどうすればいいのかわからない
  • ・通話転送にすると1つの電話番号にしか転送できないし転送通話料が高額
  • ・災害などでいきなりテレワークを余儀なくされたら電話は対処方法がない
  • ・会社電話を安全に外から利用できる仕組みを持っておきたい

GoodLineを使った解決方法

課題を解決する機能

  • ログイン管理

    スマホ内線化

GoodLineなら、私用スマホもアプリを入れるだけで会社電話の内線とでき、通話履歴や電話帳データは個人の端末に情報が残らないので急なテレワークにも対応可能です。
また、外部からの管理画面へのアクセスでもログイン権限や制限、二段階認証があるので安心。災害などの非常時にも物理的な主装置を設置しないので会社電話故障の心配はなく、NTT回線の障害時にも該当番号と同じ着信ルールにしたフルクラウドで利用可能なIP電話番号に転送できるようにしておくことで会社宛の着信は通常通り全員で受けることができます。

GoodRelations
電気通信事業者番号:E-27-03801
お電話でのお申込み・お問合せはこちら
営業時間:9:00 ~ 18:00 (土日祝を除く)
WEBでのお申込みは24時間受付
TOP ▲